美肌を目指すひとへのプランセンタ点滴

ツライ肩こり

プラセンタ点滴について学ぶ肩こりによってつらい思いをしているという人は多いのではないでしょうか。毎日忙しい生活を送っていると体の一部に負担がかかり、この症状を引き起こすことがあります。

同じ姿勢で作業をしていたり、パソコン作業によって眼精疲労を引き起こし、その疲労が肩こりの原因となることもあります。

このつらい症状を解消するための方法としてプランセンタ点滴があります。プランセンタというと美容のための成分というイメージが強いのですが、健康効果も高い成分です。


肩こり

プランセンタには血行促進効果、抗炎症作用、疲労回復、自律神経を
整える効果があります。同じ姿勢で長時間作業していると、一部の筋肉が
かたまってしまい血流が悪くなります。

この血流の悪化はこの症状を招く原因です。
プランセンタの効果によってこの血流を改善させ、疲労回復効果も期待できます。
疲労回復

ひどい症状では痛みなどを伴うこともあります。

この時には炎症を起こしている可能性もあるのですが、プランセンタには抗炎症作用があり、その痛みも軽減させる効果があります。

ストレスの多い生活を送っていると自律神経が乱れ、このことにより
血流の悪化を招きます。プランセンタはこの自律神経にも作用し、
ストレス性の症状にも効果を発揮します。

プランセンタ点滴は注射とは違い即効性が期待できます。
また、注射よりも5~10倍の効果があると言われ、すぐにでも
この症状を解消したいという人にとってはこの点滴は最適です。

肩こりで悩んでいる人は、プランセンタ点滴が受けられる
医療機関でまず相談してみることが大切です。

化粧品や健康食品として使用されているプラセンタの歴史

プラセンタは化粧品や健康食品の美容成分として人気があります。
化粧品ではローションや美容液など様々なタイプがありますが含有量によって効果が異なります。

プラセンタの歴史は古く、中国では始皇帝が不老不死のために利用しクレオパトラも美容目的で
プラセンタを使っていたと伝えられています唐の時代の漢方医学書にも記載があります。

1930年代に旧ソ連のフィラトフ博士が胎盤組織を使ったことが現代のプラセンタ療法の基礎です。
フィラトフ博士が画期的な研究結果を発表したことで世界的に研究が進み、病気の治療にも使われる
ようになります。

プラセンタには様々な作用がありますが、有名なのがホルモンをコントロールする作用です。
表皮の細胞分裂を活性化させ、肌にハリと潤いを与えます。

メラニンの生成を抑えてシワやシミを薄くする効果も期待できます。
新陳代謝を高めて皮膚の老化を防ぐことができるため、アンチエイジング治療にも使われています。

プラセンタは炎症を抑える作用もあり、アレルギー疾患や関節炎、神経痛の治療にも利用されます。
骨盤に作用して造血を促し、免疫力を上げることもできます。

血液は健康の基本ですが、プラセンタは血液の働きを向上させ老廃物を体外へと排出させて身体を守ります。